2009年06月11日

不況・不況って世間は言ってるけどそんなもんに10万円の大金を出すのかい

私は絶対に買いません。

100年に1度といわれる不況下でも、10万円前後のクリーム状化粧品が
売れているそうです。
10万円のクリームって!!!
存在すら知らなかった庶民のわたくしであります。

資生堂の12万円のクリームは順調に伸びており、
同じく12万円のクリームを出しているカネボウ化粧品も
2009年は9000個売る目標を立てているほか、高級クリームの先駆者、
コーセーも、リーマンショック以降も9万円のクリームの売れ行きは
変わらないんですって。

あるところにはあるんですねぇ・・お金って。(しみじみ)
購入者は50〜70歳代が7割を占め、1年分をまとめて買っていく人もいて、
20〜40歳代で使っている人も3割だとか。
20代でそんな高級クリームに手をだしてしまっては、
肌がそれに慣れてしまって逆に良くないと思うのですが。
(やっかみではありません)

ドモホルンリンクルでさえ高いと思ってしまうわたしには、
10万円のクリームは宝くじでも当たらない限り購入しないことでしょう。
高いもの=いいものとは一概に言えないと思うし・・・。
シンプルケアで足りているうちは必要以上に
肌に贅沢をさせないようにしています。
(強がりではありません)


不況どこ吹く風 「10万円」クリーム好調
posted by takeshi333 at 14:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。