2009年08月27日

高脂肪をとりすぎると違う部分にエネルギーが行かなくなるんです。

もっと、日本人は運動をするべきですね。

短期でも高脂肪の食事をしていると運動能力や記憶力が
損なわれる可能性がある、という研究結果を英ケンブリッジ大学の研究者が
発表したそうです。

あとFX情報商材などを選ぶときは頭の働きがいいときがいいです。

高脂肪の食事、短期的にも運動・記憶能力に悪影響――英大学調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000008-zdn_n-sci

「西洋式の食事はたいてい高脂肪であり、肥満や糖尿病、
心臓疾患などの長期的な問題に関連している。
だが、このような食事を短期間続けた結果についてはほとんど注目されていない。
われわれの研究によって、日々の生活で高脂肪食を減らせば、
健康や敏しょう性に短期的なメリットがあるということを
皆が真剣に考えるようになってほしい」と研究者は述べているようです。

また高脂肪の取りすぎで頭が回らないからレーシック失敗などの失敗も増えているのでしょう。

頭にも体にも良くない高脂肪食、ということは、
西洋式の食事を取っている欧米人は運動・記憶能力に劣っている?
そんなことはないような気がしますが・・・。
しかし、和食などのヘルシー食の方が少なくとも体にいいことだけは
間違いなさそうです。

参考:電子タバコ

ところで、和食の中でも特に欧米人に人気なお寿司、
あれ意外とヘルシーじゃないんですよね、特にトロだの食べていたら、
それこそ高脂肪。
と言いつつ、お寿司は大好物なわたしであります。


おなかが減っているときのほうが元気でスモンね。
posted by takeshi333 at 10:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。